鍼灸ってナニ?

医者と鍼灸

医者病気になったら医者に行くのが常識です。
例えば、体がだるくて熱がある場合はどうしますか?

医者に行って、風邪と診断してもらい、解熱剤等の薬を処方してもらう。
大まかにいうとこれが医者の仕事です。

一方鍼灸院は何をするところでしょうか?
院長が、鍼灸学校の学生だった頃、先生に言われました。
『鍼灸は何に効くの?』と聞かれたら、『頭が悪い、性格が悪い、顔が悪い、この三つ以外なら大抵効く。』と答えておけ。

日本での鍼灸は、鍼灸刺激が自律神経系、内分泌系、免疫系等に作用します。
このため、肩こりや腰痛だけでなく鍼灸院【神経系疾患】 【運動器系疾患】 【循環器系疾患】 【呼吸器系疾患】【消化器系疾患】 【代謝内分秘系疾患】 【生殖、泌尿器系疾患】【婦人科系疾患】【耳鼻咽喉科系疾患】【 眼科系疾患】【小児科疾患】 等に効果が認められます。

鍼灸では「気」「血」「水」のバランスが崩れていると病気の症状が現れる。と考えられています。
このバランスを保つために2000以上あるツボを刺激していきます。

因みにイラストはサボっているわけではなく、鍼灸は体の治癒力を手助けする手段という意味です。
本当に病気を治すのは、自分の体であり、体のバランスを保てば自然に病気が治っていきます。

整体と鍼灸

諸説ありますが、整体は骨格や関節の歪やズレを物理的に矯正する手技治療です。整体
一般的には『骨折、脱臼、打撲、捻挫』等のに対する施術であると言われています。
カイロプラクティックも同様に『脊髄を矯正する』としているところが多いです。

鍼灸では前述のように、体のバランスを整えて治していきます。

整体と鍼灸どちらがいいの?

物理的な傷や骨折がある場合は、迷わず医者に行ってください。

医者に症状の説明が難しい場合には、整体や鍼灸の出番です。
結論から言うと、どちらがいいかは好みで構いません。

上記のように、「力を加えて骨格の歪を治す」か「体のバランスを整え、治癒力を生かし、高めていく」の違いです。病は気から。と言うじゃありませんか….

鍼灸院OKUMURAの特徴は?

院長奥村は、長年陸上の国際大会・国体・インターハイ等に帯同しトレーナーとして活躍してきました。ストレッチ
だから、ケガをしても最短で競技に復帰できるように治療できます。
また、コンディションのピークが大会当日に来るようにスケジューリングしていきます。
ベストのパフォーマンスを発揮できるように手助けします。
もちろん、陸上競技だけではありません。
サッカー、バスケットボール、テニスのほか、競輪選手やバレエなどのダンサーの方も対応しますし、実際に来院して頂いています。

ケガをしてから復帰まで、症状と時間経過により対処方法が変わってきます。
院長は豊富な経験から適格な処置を行います。

サッカー